25日午後、これから行われる議会役職改選前、最後の市民生活常任委員会でした。市民生活常任委員会における1年間活動の総まとめとして、執行部に「防犯カメラ事業についての提言書」を手渡しました。
戸田市の防犯カメラ事業は、平成29年度から市の助成金を活用して防犯カメラを購入、各町会において管理運用となっています。各町会の負担を軽減すべく、提言書を作成するにあたって他自治体の例を参考にさせていただきました。
提言内容は以下の通りです。
1.電気料金の補助
2.防犯カメラ導入後の効果検証と見直し
3.リース契約(保守込み)への切り替え
4.協議会による連携強化
5.無線式機器の採用と警察との画像提供協定締結
6.周知・啓発看板や垂れ幕の設置
今後の運用面等について注視していきたいと思います。
※情報保障について
他の会議が長引いてしまったため市民生活常任委員会が始まったのは15時過ぎでした。手話通訳者への依頼は15時までとなっており、委員会は手話通訳なし、音声認識システムのみの対応でした。このシステムは、マイクを通してしか認識されず、雑談等、マイクを通さない話はほとんどわからずでした。わからなかった部分は、同じ会派の矢澤委員にフォローしていただきました。

市民生活常任委員会25日午後、これから行われる議会役職改選前、最後の市民生活常任委員会でした。市民生活常任委員会における1年間活動の総まとめとして、執行部に「防犯カメラ事業についての提言書」を手渡しました。戸田市の防犯カメラ事業は、平…

佐藤太信 市政に挑戦さんの投稿 2018年1月25日木曜日