最新の活動レポート

佐藤太信 公式SNS

佐藤太信 公式facebook 佐藤太信 公式Instagram 佐藤太信 公式twitter

アーカイブ



6月議会_一般質問_性的少数者の取組について

前回(令和2年9月定例会)において一般質問をし、その後の進捗状況について確認いたしました。内容は以下の通りです。

(1)LGBTQについて

Q 市民の理解度を調査し、検証しては。

A 令和5年度に調査、検証として市民を対象とした意識調査を予定している。その中で、市民の性的マイノリティへの 理解度を測る項目を含めることを検討する。

Q 申請書等における性別欄の見直し状況は。

A 令和3年12月14日時点での調査結果で全386件のうち210件について見直しを進めている。

Q 当事者団体、男女共同参画計画推進委員会、男女共同参画庁内検討会議ではどのような意見があったのでしょうか。

A パートナーシップ制度に子どもや親を含めるファミリーシップ制度を導入することや、制度により適用できる行政サービスなどについて話があったことから、これらを含め制度を設計している。

Q ファミリーシップ制度の導入時期は、パートナーシップ制度と同時期と考えているでしょうか。

A パートナーシップ制度と併せた導入に向けて検討している。

Q 制度の適用範囲は制定した自治体のみに限られている。他自治体との連携、協定締結は考えているでしょうか。

A 制度の施行後、近隣自治体の状況を見ながら検討する。

Q ファミリーシップ制度導入自治体サミットに参加する予定はあるのでしょうか。

A 導入サミットへの参加については、制度導入後、検討する。

Q パートナーシップ制度に伴う受理証明書を用いた行政サービスはどのようなものを考えているのでしょうか。

A 記念樹の配布や市営住宅への入居に受理証明書を活用することを現時点で想定しており、今後も引き続き調整する。

Q 市内病院などの関係機関には周知を行うのでしょうか。

A パートナーシップ制度の導入時期に合わせて、制度についてご理解いただくよう周知していく予定。

以上、パートナーシップ制度はスタートだと思っております。本制度について7月1日より約1ヶ月間パブリックコメントが実施されます。今後、制度を運用するうえで課題は出てくると考えるが、その際に当事者の意見に耳を傾け、また市が実施している委員会等で柔軟に対応いただけたら幸いです。

#LGBTQ#パートナーシップ制度#ファミリーシップ制度#戸田市議会#佐藤太信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA