最新の活動レポート

佐藤太信 公式SNS

佐藤太信 公式facebook 佐藤太信 公式Instagram 佐藤太信 公式twitter

アーカイブ



行政視察【兵庫県明石市】

7月19日~7月20日まで、戸田の会メンバーと菅原県議と共に行政視察に行ってきました。
19日は兵庫県明石市、手話言語条例、障害者差別解消法に基づく障害者施策について学んできました。明石市の泉市長からの言葉「障がいのある方が住みやすいまちづくりは、当事者だけでなく周りが変わらなければならない」が頭に残っています。まさにその通りで首長という立場の人からそうした話しが聞けたことは嬉しかったです。
20日の午前は神戸市、補助金事業の見直しについて。補助金事業は、昨年11月にガイドラインを作成しスタートしたばかりで、現在まで約1億1500万の削減という効果が得られたとのこと。いくつかの課題はあげられますが、戸田市にも事業の見直しが期待できるものがあると考えています。
午後は同じく神戸市にある小中一貫校である義務教育学校港島学園に伺い、管理職から小中一貫校の状況、課題を伺ってきました。神戸市で唯一の小中一貫校です。阪神大震災前は約1800人の生徒数でしたが、現在では約800人の生徒数です。小学生の算数、理科の授業に小学校教諭だけでなく中学校教諭を配置し、小学校での生徒に対する教え方を小学校教諭にアドバイスをするなどきめ細かな授業をされていました。また、日本語が不自由な外国人あるいは日系人が多く、日本語の授業があるのが神戸市の特徴でした。戸田市では、私の母校である戸田東小中が一貫校になります。様々な課題があり、不安がなかなか解消されにくいのが現状です。保護者からの声、現場で働く教諭の声を真摯に受け止め、今後の課題などについて議論し、共に考えていく必要があると感じています。

https://www.facebook.com/1779701642302193/photos/pcb.1925843981021291/1925843794354643/?type=3

https://www.facebook.com/1779701642302193/photos/pcb.1925843981021291/1925843917687964/?type=3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA