戸田市立図書館、生涯学習課の取組みについて

本日は会派「戸田の会」として図書館と生涯学習課の取組みについて、ここ数年において市民ニーズ等の把握し、地域課題を反映した取組みが進められていることから担当課にヒアリングを行いました。

図書館の取組みについて、電子図書館の課題、図書館システム更新(令和6年3月1日より新システムに移行)、市内学校との連携等について伺いました。図書館システム更新については、以前に議会で取り上げたことがあり利用者の使いづらさが改善されることに嬉しく思います。

生涯学習課の取組みについては、市民からの課題(学ぶ時間やきっかけがない、周知不足等)を受け、改善等について伺いました。最近の取組みからは、課題解消のためにデジタルを活用した参加しやすい仕組みづくり、デザインを工夫したチラシの作成が進められていました。また市民企画講座は、市民自ら企画した講座ができます。講座を企画するにあたり、市と連携したいといったご意見をいただいたことがあり、その際に市民企画講座をご紹介したことがあります。ただ提出期間が限られているので、期間を設けずにいつでも受付できるようにと要望しました。

午後は、細田学園高等学校(志木市)に伺いました。細田学園高等部の学生さんよりご相談の連絡をいただき、補聴器の使用について意見交換してきました。高校生との意見交換は、短い時間でしたが、様々な考えが聞けたので私にとっては貴重な時間でした。

#戸田市#図書館#生涯学習#市民企画講座#補聴器#聴覚障害#戸田市議会議員#佐藤太信

生涯学習の取組みについて担当課より詳細を伺いました。
聴覚障害の取組みについて細田学園の学生さんと意見交換しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA