最新の活動レポート

佐藤太信 公式SNS

佐藤太信 公式facebook 佐藤太信 公式Instagram 佐藤太信 公式twitter

アーカイブ



一般質問_公共施設予約システム、図書館の貸出券等について

公共施設予約する際に施設利用料金はキャッシュレス化になっておらず、施設に直接利用料金を支払いに行かなくてはなりません。システム更新時期にあわせ、利便性の向上とし施設利用料のキャッシュレス化、また、図書館貸出券更新、本のリクエスト申請のオンライン化を提案しました。利用者にとって利便性の向上、また職員にとって業務負担が軽減されることを願っております。

Q 公共施設予約した際に発生する利用料金のキャッシュレス化を。

A 令和4年度にシステム入れ替えを想定している。導入に向けて検討を進める。

Q 公共施設予約では予約することができない文化会館、スポーツセンター等と予約システムの統一を。

A システム統合について経費の削減等を含め検討する。Q 施設備品の貸出について電子申請を。A 利用調整を対面で行うなどの配慮が必要であるが、電子申請が行えるよう導入に向けて検討する。

Q 貸出券更新の課題、オンラインによる更新機能の導入を。

A 利用者が有効期限が切れていることに気づかず来館し、住所確認書類を持参していなかったために貸出券の更新手続きが行えず、その日に貸出や予約ができないケースが課題である。オンライン認証方式は、他自治体の事例を検討し、今後の図書館システムの更新に向け、調査・研究する。

Q 本のリクエスト申請は紙のリクエストカードに記入し、図書館職員に手渡ししている。本市においてもリクエスト申請のオンライン化を進めてはどうでしょうか。

A リクエスト申請のオンライン化については、令和5年10月の図書館システム更新に向け、検討する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA