28日、戸田市の芦原小学校にて社会福祉法人埼玉県聴覚障害者福祉会主催のチャリティー上映会があり、お手伝いさせていただきました。来場者は100名を超え、大盛況でした。私は20代初期の頃に見て大きな衝撃を受けた映画です。来場者は、大人が多かったですが小中学生の、年代にも見てもらいたい映画です。

「どんぐりの家」は1997年に上映され、実話に基づいて作成された映画です。ろうの重複障害(聴覚障害に加えて知的・発達・精神障害)を抱えた子どもを持つ親の話から始まり、ろう学校の教師たちなど、ろうの重複障害の子供を取り巻く人々を多層的にさまざまな角度から描いて、社会的に大きな反響を呼んだ話題作です。

どんぐりの家
http://www.sai-donguri.org/%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%…/

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、室内