心の声が聴こえる街へ

略歴・政策

  • HOME »
  • 略歴・政策

佐藤太信(さとうたかのぶ)プロフィール

●昭和55年5月18日生
●2歳の頃に失聴
●市立戸田東小学校卒
●市立戸田東中学校卒
●県立浦和商業高校卒
●中央大学法学部卒
●大正大学大学院修了(臨床心理学)
●CAオーロニカレッジ留学
●東京電力入社(安全管理業務)
●児童福祉施設(社会福祉法人)
●都内ろう学校(スクールカウンセラー、乳幼児教育相談)
所属 埼玉県聴覚障害者協会前理事、戸田市聴力障害者協会
資格 臨床心理士、第二種電気工事士
家族 妻(バイオリニスト)
趣味 温泉めぐり、マラソン
座右の銘 継続は力なり
satomanga2

佐藤太信の政策


公共交通機関、情報アクセシビリティ、そして心 のバリアフリーの拡大・充実に取り組み、戸田 市バリアフリー基本構想の創設を推進します。

東京五輪・パラリンピック開催に向け、障がい 者を含め、誰でもスポーツに参加できる機会の 提供と充実に取り組みます。

障がいを理由とする差別の解消に向け、市役所 や学校等の行政機関や民間企業において合理 的な配慮を行うことを徹底します。

発達障がいを抱える児童・生徒の保育や療育環 境の充実と相談体制の強化を推進します。

手話言語条例を制定し、コミュニケーション手 段として手話を利用促進するための体制をつ くります

保育士等の処遇改善、市有地活用による保育施 設の整備、一時預かりの充実など、保育所、学童 の待機児童解消を推進します。

ダブルケア(介護と育児の同時進行)に直面する 方々の負担を軽減するための体制をつくり、ケア ラー支援を充実させます。

安心して子育てするために妊娠期~出産~産後ま で一貫して健診や相談支援を行なう拠点「戸田版 ネウボラ」づくりを推進します

災害時に一人で避難することが困難な高齢者 や障がい者の命を守る取り組みを充実させま す。

街頭犯罪や侵入犯罪を撲滅するために、民間防 犯パトロールの充実と防犯カメラの設置を推 進します。

虐待(児童・障がい者・高齢者)・DV、自殺、各種 依存症の相談や、自助グループへの橋渡しなど、 支援を拡充します。

市内の特別支援学級設置率を高め、一人一人の子 どもたちのニーズに応じた教育環境「インクルー シブ教育」を充実させます。

全ての子どもが家庭の経済事情に左右されずに教 育を受ける機会を保障する取り組みにより、教育 格差と貧困の連鎖を食い止めます。

健康寿命を伸ばすため、地域の人材やNPOを 活用した市独自の介護予防と生活支援サービ スの体制を整備します。

就労支援、学習支援、社会的支援など充実強化 により、誰もが自立してチャレンジ・再チャレ ンジできる環境をつくります。


ボランティア・後援会会員募集中 TEL 048-494-6439 [FAX兼用]

PAGETOP
Copyright © 佐藤太信 戸田市議会議員 All Rights Reserved.