本日から8月2日までの3日間、千葉県にある市町村アカデミーにて市町村議会議員特別講座を受講しています。全国から45名の市町村議員が集まりました。
私が受講している内容は、「政策の企画立案」です。
多様化する地域課題への対応と議会の新たな役割を学ぶことを目的としています。実際にグループ間で議論し、講師の指導・助言を受けながら、課題と目標を設定し、具体的な政策を立案、最終日に発表します。
演習だけでなく、講義も受けます。
明日の午前中は、「地方議会を再生する」(著者:相川俊英、集英社新書)のモデルケースとなった長野県飯綱町議会議長の寺島さんの講義です。私はこの本を読み、「住民参加」の議会を改めて考えるきっかけになりました。この本は、スキー場経営の失敗等で財政破綻寸前の状態に陥った長野県飯綱町の「地域再生」のプロセスを綴ったドキュメントであり、おすすめの1冊です。
残り2日間、充実した議論ができるよう頑張ってまいります。
❇市町村アカデミーに宿泊していますが、来訪を知らせるフラッシュベル、振動付き目覚まし時計が完備されていました。また、講義や意見交換会などにも手話通訳がありました。準備していただいた関係者の皆さまに御礼申し上げます。

佐藤太信 市政に挑戦さんの投稿 2017年7月31日月曜日

佐藤太信 市政に挑戦さんの投稿 2017年7月31日月曜日